令和2年6月13日役員の役割と決め方

このカテゴリーでは、住民自治組織(自治協議会、町内会、自治会等)の運営のうち、役員の役割と決め方について紹介していく。

東広島市 篠原裕次郎


 

役員の役割と決め方「会計」

 

「会計」

一般的な規約によると、「会計は、会の運営及び活動に伴う経理事務を担当する。」とあり、文字どおり、金銭管理を行う。

 

具体的には次のようなことを行う。

・総会や役員会への出席…総会に出席し、収支決算書・収支予算書の報告を行う。役員会などでは、予算の執行状況の報告、必要な支払いの確認(各部会から領収書や請求書などを回収)などを行う。

・各種会計書類の作成…支払調書(支出伺)・収入調書(収入伺)、経理簿、収支決算書、収支予算書、備品管理台帳など、お金の出入りに関する書類の作成。

・口座と現金の管理…口座の開設、通帳印鑑の管理、必要金額の引出・預入・振込、支払、寄附等の管理など。

・資産の管理…会の所持する資産(不動産、倉庫、備品、消耗品等)の管理を行う。各資産の台帳を備え付け、利用状況を把握しておく。特に倉庫内の備品については鍵を管理し、貸出簿等を備え付け、備品を紛失しないよう気を付けておく。

 

↓エクセル様式

R020613自治協標準会計様式(記入例)

R020613自治協標準会計様式1(支出伺)

R020613自治協標準会計様式1(支出伺)

R020613自治協標準会計様式2(資金前渡)

R020613自治協標準会計様式2(資金前渡)

R020613自治協標準会計様式3(収入伺)

R020613自治協標準会計様式3(収入伺)

R020613自治協標準会計様式4(収入支出経理簿)

R020613自治協標準会計様式4(収入支出経理簿)

R020613自治協標準会計様式5(備品管理台帳)

R020613自治協標準会計様式5(備品管理台帳)

R020613自治協標準会計様式6(物品出納簿)

R020613自治協標準会計様式6(物品出納簿)

 

以上のような役割があるが、一番重要なものは年度末の収支決算書の作成である。繰越額、利子、振込手数料、立て替え払い、寄附など、細かい金額の動きに注意しておかないと、実際の金額と決算書の金額が合わなくなる。

そうならないためには、支払・収入の都度、支払調書・収入調書を作成し、会長の決裁印をもらっておくことが必要だ。

領収書を含め、それら会計に関する証拠書類は、外部(地区の住民やオンブズマンなど)からの監査請求の対象にもなることから、完璧なものを作成し、5年以上の保管を行う必要がある。

会計の人選については、事務局長と同様に行政職員が望ましいが、民間企業の経理を経験した人やパソコンに強い人であれば問題なく勤まると思われる。大金を預かる役でもあるので、できれば、昔から地域に住んでいる人など信頼できる人を探そう。

 


R020613役員の役割と決め方(会計)

東広島市 篠原裕次郎